silhouette of super business woman look

PROMOTE

Vライバーとしてだけではなく個の成長をサポートします。

企業所属のVライバーの大半は「引退or卒業」という出口しか用意されていませんでした。当社では3つ目の出口「独立」をサポート。
​「のれん分け」として演じたキャラクターのライセンスを譲渡し、自立した裁量権を与えることで独立起業を支援します。

ありす.jpg

のれん分け第一号

絵夢アリス

のれん分けの内容
 

  1. キャラクターの著作権譲渡

  2. ​配信及びキャラクターを使用した活動の裁量権

  3. ​絵夢アリスに関わる収益の決定権

  4. 新設オーガナイザーへの単独移籍

  5. 新会社(LCE)設立と取締役社長の専任※1

  6. LCEの経営権及び株式の譲渡※2

※1 2022年度上半期に代表取締役に専任予定

※2 2022年度上半期に実行予定

Happy celebrating winning success woman

​独立を「推奨」

Vの出口は「引退・卒業」だけではありません。

「10年愛されるVライバー」。それを阻害するのは多くの場合、所属企業側が利益を独占する構造だと気づきました。企業が勝ちすぎてはいけない。

​LCEでは一定の成果を出したライバーに対してキャラクターのライセンスや活動の裁量権を譲渡し、ロイヤルティも要求しないという「のれん分け制度」にたどり着きました。

もちろん独立後も、変わらず活動をサポートし続けます。本人の意志や能力次第で起業に伴う投資も実行します。

ライバーと長期に渡って良好に付き合う方法は、お金やメンタルやおためごかしではなく真にWINーWINの関係を築くための具体的な行動だと私達は信じています。